東京で一番古いおにぎり専門店「おにぎり浅草宿六」

おにぎり浅草宿六
ひさご通りを抜けて信号を渡ったあたりにある老舗のおにぎり専門店。入口にあるメニューを読んでみると東京で一番古いおにぎり専門店というので驚きだ。
 昭和二十九年創業。「銀シャリ」と言われてた白いご飯がご馳走だった頃、小さいお子様からお歳を召した方まで、皆様に召し上がって頂けるおにぎりを浅草観音裏の地で始めました。 心も体もほっとする雰囲気の中、大釜で炊かれたコシヒカリを香ばしい江戸前の海苔で包み、厳選素材を使った東京のおにぎりを召し上がって頂き、至福のひとときをお過ごし下さいませ。(店頭前メニューを引用)

店内の様子

おにぎり浅草宿六

店内に入ると和食屋独特の香りが迎えてくれる。カウンター席と座席が合わせて十数席ほどあり、こじんまりとした店内だ。
いくつものおにぎりの具材がケースの中に並んでおり、どれを食べるか悩んでしまう。汁物はなめことしじみ、わかめの三種。また、お昼はセットメニューがあるようだが、夜はないとのこと。

おにぎり

ざるに注文したおにぎりと沢庵がのってやってきました。今回は無難に梅と鮭にしました。また、汁物はしじみ汁を選んでみました。
塩の効いた銀シャリ、しっとりとした海苔がとても美味しかったです。

〒111-0032 東京都台東区浅草3丁目9−10

月曜日 11:30~15:00, 18:00~21:00
火曜日 11:30~15:00
水曜日 11:30~15:00
木曜日 11:30~15:00, 18:00~21:00
金曜日 11:30~15:00, 18:00~21:00
土曜日 11:30~15:00, 18:00~21:00
日曜日 18:00~21:00

タイトルとURLをコピーしました