【 下北沢 】唯一無二のユーズドショップ「signal」

すぐそこにもう秋の姿が見え始めてきた9月。
様々なユーズドショップが乱立する下北沢東口側に降り立ち、とあるユーズドショップを目指す。

「signal」

2015年3月に他のショップとは一線を置いた雰囲気を放ち、ユーズドショップとしてオープンした。今年で早5年目に突入しようとしているが、その異彩は古着好きでおしゃれな人達が集まる東口のショップの中でも群を抜いている。

signal
signal

店内は白と薄いグレーを基調としたシンプルな色合いで、商品は色、デザイン、アイテムで見やすく且つ気軽に手に取れるぐらいの量でラックに整列されている。店内の商品はすべて季節の変わり目に年2回、アメリカに買付けに行っているという。一つ一つを見ると確かにハイブランドや欧米のブランドが並んでいた。ショップのラインナップ=コンセプトは?と聞くと店長はこう答えた。

「ジャンルや強いこだわりは特にないが、モードもカジュアルも思ってるよりも一つ上をいくデザインや雰囲気のものをピックしている」

そう言われ、店内をもう一度見まわすと流行っているから買い付けてきたというのではなく、一つ一つのアイテムのどこかに「あ!」と思う” いいところ “を見つけることができるのだ。商品を見る人達の十人十色でヒットするところは異なるのだが、きっとsignalに一歩足を踏み入れたならそれを必ず味わうのではないかと思われるほどの洗練されたセンスとアイテム選びに脱帽する。

今回のPick up ITEM

これからちょっとした羽織りが欲しい気候になってくるので、
今回はオーバーサイズのデニムジャケットと筆者の愛してやまないVANSのご紹介。

■ LEVI’Sブラックデニムジャケット 13932円(税込)
かなりのオーバーサイズだがアウター代わりになるぐらいなので、これからの季節はインナーにざっくりとしたロング丈のニットを合わせて細身のパンツで全体的にゆったりと着てみたい。LEVI’Sロゴパッチにいたずら書きがあった。少し読み解くとAlexが過去に着ていた模様。にこちゃんマークがほほえましい。

signal

■ VANS authentic 9612円(税込)
よくみるとオールヌメ革なのがわかる。この色合いと質感からHender Schemeを彷彿とさせるが、VANS純正である。このタイプは恐らく定番ではないので街ではすでに見かけない。履けば履くほど味が出てくるヌメ革なので、時にはミンクオイルで磨いてあげれば相当かっこよくなるのではないだろうか。

signal

取材後記 by Atsuko Harada

signalは決して入りにくいショップではない。他のユーズドショップと一線を引きたいと願う筆者の思いが今回の文章に表れてしまったが、古着が好きで少しだけ他のショップと違うアイテムが欲しいと思ったら必ず寄るべきショップである。赤い大きな鳥かごを目安に気軽に寄って、店長直々にアメリカで買い付けている珠玉のラインナップを堪能してほしいと願う。ちなみに今月(2019年9月)に買付に行く予定とのこと。秋冬物が楽しみである。

signal Instagram

Pick up ITEM

所在地:
東京都世田谷区北沢2-36-2

電話番号:
03-6407-8322

営業時間:
12:00~20:00

Instagram:
https://www.instagram.com/signal150301/​

タイトルとURLをコピーしました